2012年12月15日

iDはチャージ不要でポイントも貯まる電子マネー




カード入会でもれなく最大7000円分のギフト券プレゼント!

キャンペーンの詳細・申込はこちら→三井住友VISAカード


iD=アイディ」はチャージ不要でポイントも貯まる電子マネーのことで、
NTTドコモが開発・運用してるシステムです。

三井住友VISAカードと一体となっており、
コンビニなど100円の買物でも、かざすだけで決済が完了し
レジ前でもたついたり、財布が小銭でいっぱいになることが少なくなり、
スマートでスピーディな決済が可能になります。

「楽天edy」や「nanaco(セブン&アイ)」、「waon(イオン)」
などは、前払い式の電子マネーでチャージが必要ですが、
「iD」はクレジットカードと一緒の支払いになり、チャージ不要です。

また、「iD」のご利用でクレジットカードのポイントが貯まります。
例えば、コンビニで毎日500円分、昼食や夕食を購入される方は、
1ヶ月で15,000円分のご利用になり、年間180,000円決済されている事になります。
ポイント還元率が0.5%だとしても900円分ポイントが貯まります。

日常のお買い物や旅行、保険料、公共料金の支払いなどを合わせて、
還元率が1%まで上がったとすると、1,800円分お得になります。

年間50万円のご利用で0.5%から1%に上がる場合
(公共料金などで年間32万ご利用の方がiDで18万利用した場合)
ポイント還元が1,600円から5,000円に3,400円も上がることになります。

三井住友VISAカード1枚で、カードそのものの「iD」と、
おサイフケータイ用の「iD設定情報」の2つを発行することができます。
CICの信用情報では、3つの番号があっても、1枚のカードで登録されます。

似た仕組みでJCBが推奨する「QUICPay=クイックペイ」があります。
QUICPayもチャージ不要でクレジットカードのポイントが貯まります。
こちらはJCBカードに搭載可能で、QUICPay専用のカード
おサイフケータイ用の「QUICPay設定情報」の3番号まで発行でき、
CICの信用情報では、4つの番号があっても、1枚のカードで登録されます。

iDが使えるカードの詳細・申込はこちら→三井住友VISAカード


三井住友カードとJCBカードは支払いの締め日が異なるので、
臨時の出費が重なったときなどに大変便利です。
(三井住友カードは月末締め翌月26日支払い 例3月16日決済→4月26日支払い)
(JCBカードは15日締め翌々月10日支払い 例3月16日決済→5月10日支払い)

まだお持ちでない方はキャンペーン中の申込がおすすめです。

キャンペーンの詳細・申込はこちら→JAL・JCBカード





関連記事:
ローソンでiD(電子マネー)を使ってみた感想

※2013年2月18日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。
posted by 本当はお得なカードの管理人 at 08:15| 電子マネー