2013年01月13日

三井住友VISAカードのグレード



カード入会で最大7,000円分の商品券をもれなくプレゼント!

キャンペーンの詳細・申込はこちら→三井住友VISAカード


三井住友VISAカードのグレードについて説明します。

クレジットカードにはグレード(ランク)があり、
一般向け⇒ゴールドカード⇒プラチナカード⇒ブラックカード
の順番でグレードが上がっていきます。

一般的にグレードが上がり、たとえば三井住友VISAゴールドカードなら、
利用可能枠が大きくなり余裕をもってショッピングや旅行を楽しめる他、
ポイント還元率が上がり高額な景品や商品券・キャッシュバックを入手しやすくなり、
航空機を利用する際にラウンジが無料で利用できたり、
海外だけではなく、国内旅行中の事故も手厚い保証が受けられます。
ドクターコール24で24時間いつでも健康相談を受けることも可能です。

一番気になるのは、年会費だと思いますが、
ご自身のニーズ(目的)に合う最適なカードを選択いただければと思います。
マイ・ペイすリボ(自動リボ設定)、実質1回払いも可能や
WEB明細書に抵抗がなければ、年会費を半額以下に抑えることも可能です。

グレード順:三井住友VISAカード
  1. 三井住友VISAプラチナカード
    年会費52500円
    30歳以上のご本人に安定継続収入のある方(プラチナ独自の審査基準)

  2. 三井住友VISAゴールドカード
    年会費10500円(初年度無料・4200円まで割引)
    30歳以上のご本人に安定継続収入のある方(ゴールド独自の審査基準)

  3. 三井住友VISAプライムゴールドカード
    年会費5250円(初年度無料・1575円まで割引)
    20歳〜29歳のご本人に安定継続収入のある方が対象

  4. 三井住友VISAクラシックカード
    年会費1,312円(初年度無料・翌年以降も利用状況により無料)
    18歳以上の方が対象

  5. 三井住友VISAデビュープラスカード
    年会費無料、18歳〜25歳の方が対象
    25歳以上の更新時プライムゴールドカードにアップグレード


デビュープラスカードまたはクラシックカードからスタートして、
将来的にプラチナカードやゴールドカードを目指すことも可能です。
三井住友カードが発行するプロパーカードならではのメリットです。

更新審査の際、年収や他社の利用状況の他に、
三井住友カードの利用期間や決済金額も加味されるので、
プラチナカード・ゴールドカード取得が大変有利になります。

キャンペーンの詳細・申込はこちら→三井住友VISAカード





※2013年11月18日現在の情報です。
※掲載内容に注意しておりますが、リンク先で再度ご確認ください。
posted by 本当はお得なカードの管理人 at 09:30| 三井住友VISAカード